印刷をしていると黒インクの無くなりが早いのです

自宅などで大量に印刷を行うとインクが残り少なくなり、新しいインクを購入しなくてはならなくなりますが、この時、どの色のインクが一番早くなくなるのかといえば、黒が一番早くなくなるのではないでしょうか。因みに、インクは印刷の分野ではインキと呼ばれていますが、これらの違いは業界での呼び名の違いであり、目的などは同一のものであると言います。しかし、印刷の分野では、インクの発音を変えてインキと呼んでいるのです。また、インキと言う発音は、古くからあると言います。話を元に戻しますが、黒インキは何故早くなくなるのかです。印刷を行う場合、カラーであれば複数の色を混ぜてプリントをしていく事になりますが、この複数の色と言うものには、赤、青、緑、そして黒という4つの色を組み合わせて利用するタイプと、シアン、マゼンダ、イエロー、そして黒と言う4つの色を組み合わせて利用するタイプがあります。

更に、この4つの色にライトマゼンダやライトシアンを混ぜて色を造り出すプリンターもあります。少しでも多くの色を造り出すためには、このような色が必要になるのです。そして、どんな色を造り出すのにも黒のインキは必要になります。特に写真などをプリントすると、黒のインキを使うケースが多くなりますし、白黒のプリントでは当然黒が利用されるわけです。そのため、一番黒のインキがなくなるのが早くなるのです。他の色はというと、プリントを行う元の素材により代わります。明るい色を多く使っている場合は、シアンやイエローなどが無くなりやすくなったり、マゼンダやイエローなどが無くなり易くなったりと様々です。しかし、カラー印刷を行っている以上、カラーのインキがなくなる事は仕方ありません。もし、カラーのインキを節約するのであれば、常に白黒でのプリントしか出来ないように設定してしまうという方法もあると言います。しかし、折角プリントするのですがら、色の付いた状態でプリントを行いたいものです。因みに、パソコンなどから印刷を行う場合、プリンターに印刷の命令を行い実行する事になります。データがプリンターに送信されると、そのデータに含まれている色を分析して、どの色を使い出力を行うのかを計算していくわけです。

そして、大半の色には黒が利用されますので、黒インキの減りは早まるのです。同様に、白黒のプリントを行う時は、あえてカラーの分析は行わず、黒インキだけを使い、出力をしていく事になります。この事からも、黒インキは予備を持っていた方が何かと便利なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です